”値動き”に翻弄されること無く、 見えにくく捕らえづらい”時間”を制したい・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさま、こんばんは
手が、ぷ~くり黒く内出血してきた
[ KIKI ]でございます

さて、こんばんは
久し振りに[ KIKI ]企画の続きをお贈りします。

題して、
2008年、[ KIKI ]が一番シビれた(><)タイムサイクル分析

では、気になる方は続きをみるからどうぞ
2008年10月30日発表!

             日経平均株価とドル円の相関性
=連動する日経平均とドル円、時間面からは10月同時ボトムアウトの公算も=

         2008年10月30日 タイムサイクル分析

1  05年以降、日経平均株価とドル円の値動きにはドル高/株高、ドル安/株安の
 極めて強い相関性が確認される

1  時間面では日経平均は05年以降、2つの32週前後のハーフサイクルからなる
 62週前後のサイクルが重要な安値を規定してきた

1  先週10/20-24は32週サイクルと63週サイクルが重なる重要時間帯であったが、
 ドル円はサイクルシナリオ通り週末10/24に90.87円の安値を見てV字反転、
 一方日経平均も若干ズレこんだが33週目の今週初10/27に6994.90の新安値を見て
 一転急反騰となってきた

1  果たして、昨年高値から共に5波構成で下げてきた日経平均株価とドル円は、
 サイクルシナリオド通り32週/33週サイクルの10月下旬で同時ボトムアウトとなるか、
 又は更なるドル安/株安の継続か、連動を続ける両市場の次の一手に要注目
                                2008年10月30日 伊 藤 寿 彦


何故シビれたかは、
もうお分かりの方も多いと思いますが、次の記事で書きますね

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://timecycle.blog61.fc2.com/tb.php/437-4087d581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。