FC2ブログ
”値動き”に翻弄されること無く、 見えにくく捕らえづらい”時間”を制したい・・・
みなさま、こんにちは
やっと家事も落ち着いてきた[ KIKI ]でございます

さて、お約束していたこのレポートにフューチャーしていきましょう

2009/01/06発表!
               ドル円(週足)サイクル分析
=09年前半のドル円相場を占う、重要変化週1/5-9の値動きに要注目=

2009/01/06 ドル円(週足)サイクル分析

1 ドル円は02年以降、2つの30週-40週ハーフサイクルから構成される
 66-71週サイクルが重要な安値を規定してきた

1 このサイクルが依然有効なら、今回40週ハーフサイクルと71週サイクルが
 重なった12/17安値87.13は重要な安値となる可能性がある

1 一方、高値は02年以降82-83週サイクルが重要な高値を規定してきたが、
 今週1/5-9は昨年6月高値124.14から82週目の重要な時間帯を
 迎えている事になる

1 よって通常なら71週サイクルボトムの87.13(12/17)で一旦下げ
 止まったドル円は、82週サイクルトップの今週1月第1週を戻り高値に
 再度下値を試すシナリオだが

1 値幅面は既に二度の13円の三段下げを達成しており、場合によっては、
 前回の日経平均株価同様、それまでの天底が逆転する
 (つまり今回82週サイクルトップの1月第1週が戻り高値とならず、逆に底打ちとなる)
 シナリオも頭の片隅に置く必要がある

1 2009年前半のドル円相場見極めとして、先ずは1月第1週の値動きに要注目
                              
                             2009年1月6日 伊 藤 寿 彦


はい、絵の方に赤~く印を入れさてもらったのですが、
重要変化週1/5-9
こちらが、↓これだったのです
[ KIKI ]カレンダー モザイク

そして、結果がどうなったかというと
2009/1/23終値時点 ドル円(海外時間・日足)

1/6にやっぱりサイクルトップをつけております。
伊藤先生のタイムサイクル分析は凄いですね

そして、気になるのは今後の展開ということなので
次の記事は《限定公開》でお贈りします
みなさまお見逃しなきよう、よろしくお願いします





[ KIKI ]の大好きな伊藤先生のレポートが読めるUHGでは
1ヶ月の無料トライアルも実施されています。  ⇒無料1ヶ月トライアルについて

また、トライアルなんてめんどくさい
毎週自分のところへレポートを届けてという方には  
                 ⇒プレミアムまぐまぐ『タイムサイクルCX』のページへ

締め切り間近
伊藤先生の特別レポートと、[ KIKI ]カレンダーがもらえるのはこちら!
[ KIKI ]と伊藤先生からのプレゼントです!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://timecycle.blog61.fc2.com/tb.php/469-80180510
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック