”値動き”に翻弄されること無く、 見えにくく捕らえづらい”時間”を制したい・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさま、こんにちは
春爛漫のニュースにほっこり
幸せになった[ KIKI ]でございます

あと一週間くらいで満開だそうですが、
みなさま、今年はどこの桜を見に行きますか?


さて、本日は昨日お約束したとおりに
ユーロドルにフューチャーしたいと思うのですが、

せっかくですので、
いままで公開していないユーロドルのレポートを
見ていただきたいと思います

気になるからは続きをみるからどうぞ!

2009年3月6日発表!
         ユーロドル(日足)時間分析
   =値動きは弱気だが時間面は底打ちのタイミング、
        ドル高/株安の流れは一旦転機を迎える公算も=

blog304.gif

1 ユーロドルは予想通り1.4720(12/18高値)からの42日目の
 安値1.2513(2/18)を割込み下値トライとなったが、下値は1.2457に留まり
 1.2329(10/28安値)を割込む勢いはない

1 一方、時間面では昨年7月高値1.6040から過去3回の42日下げ一波動と、
 より短気の25日前後の一波動が確認されるが、3/4安値1.2457は
 1月高値からの26日目、かつ昨年来続く60-63日(3ヵ月)サイクルボトムが
 重なる重要時間帯であった(最長63日サイクルなら3/9)

1 以上、値動きは弱気だが時間面はボトムアウトの接近を示唆している、
 この見方が正しければ昨年12月から続いたユーロ安、円安、米株安/ドル高、
 金高の流れは3月上旬で一旦転機を迎える可能性がある

                              2009年3月6日 伊 藤 寿 彦


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://timecycle.blog61.fc2.com/tb.php/586-8660dcfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。