”値動き”に翻弄されること無く、 見えにくく捕らえづらい”時間”を制したい・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさん、こんにちは。
今日はお昼から昨日とうってかわって
お天気日和ですね

相場の方は、悲喜こもごも・・・
という感じですが

このレポートを
皆様に楽しんでいただければ幸いです


よくご質問頂くんですが、
「タイムサイクル分析」は貴金属や石油などの
工業品ばかりと思われている方がいるのですが、

伊藤先生はもともと
為替のディーラーなので、
為替や株にはもちろん、コーンも大豆も
なんでもござれのスペシャリストでございます。

凄い!!


しか~も右の投票でも一番人気は穀物となっているので
([KIKI]は皆さんと一緒にこのブログを作りたいと考えております
 どしどし投票・ご要望いただければ幸いです。)


最新!タイムサイクル分析(2008/6/20発表 シカゴコーン)
シカゴコーン(月足)長期サイクル分析
=騰勢続くシカゴコーンだが、 長期サイクルは7月までの今後1ヶ月が最重要時間帯=
をどうぞ!!
シカゴコーン(月足)長期サイクル分析
=騰勢続くシカゴコーンだが、 長期サイクルは7月までの今後1ヶ月が最重要時間帯=
2008/6/20シカゴコーン(月足)長期サイクル分析
1 シカゴコーンは84年以来50ヶ月前後のサイクル
 (最短47-最長51ヶ月)が重要な高値を規定してきた、

1 この4年サイクルは、4年毎のオリンピック、及び、米大統領選挙年と重なり、
 過去6回にわたり重要な高値を規定してきた、この時間構成が依然有効なら、
 本年08年は長期サイクルトップの年を迎えている事となる

1 また過去6回の4年サイクルトップの高値は4月、5月、6月が各1回、
 7月が3回である、この季節性(アノマリー)に着目すれば、
 08年は来月7月が重要な月となる

1 又、今ひとつの時間分析として96年高値554.50を中心とする
 左右対称の時間構成からは32ヶ月目の今月6月も注目である

1 果たして、原油とともに急騰を続けるトウモロコシ相場だが、
 長期サイクルシナリオ通り08年6月ないし7月が重要な転換月となるか、要注目
                      2008年6月20日 伊 藤 寿 彦
PDF版はこちら

ランキングへのご協力をお願いします。にほんブログ村 先物取引ブログへ
(UHGのHPでは、毎営業日最新レポートが更新されております。)
注:こちらは本来UHGのお客様サービスで、メンバーIDパスワードが必要です。

  《毎日このレポートが見たい!》
    UHGのトライアルキャンペーン(無料)に申込む⇒コチラから

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://timecycle.blog61.fc2.com/tb.php/90-19381698
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。